Netflixで新シリーズ『ANNE』の製作が決定

CULTURE  2016.08.23  FNMNL編集部

Netflixとカナダのテレビ局CBCが共同でモンゴメリーの不朽の名作小説「赤毛のアン」を原作にした新しいドラマシリーズ『ANNE』を製作中であることを発表した。『ANNE』は2017年中にNetflixで配信開始され、8話分の製作がすでに決定している。『ブレイキング・バッド』シリーズでエミー賞を受賞した脚本家のモイラ・ウォリー=ベケットがアンの物語を2017年に甦らせる。

2時間の初回演出を手がけるのは、『クジラの島の少女』でサンダンス映画祭の観客賞などを受賞しているニキ・カーロ監督。3度のエミー賞とゴールデングローブ賞を受賞したモイラ・ウォリー=ベケットが第1シーズン全話の脚本を担当する。

『ANNE』は、1人のよそ者の少女がさまざまな困難や課題に立ち向かいながら、自分の居場所を求めて懸命に生きる愛と青春の物語。1890年を舞台に展開する本シリーズの主人公は、身寄りのない少女アン。孤児院や他人の家での不遇な幼少時代を経て、年配の独身女性とその年老いた兄の家に運命のいたずらで引き取られるところから物語は始まる。13才のアンはやがて、持ち前の生命力と傑出した知性、豊かな想像力で、里親はもちろん、彼らが暮らす町の人々の人生をも変えていくことになる。

「世界中で知られ、愛されているアン・シャーリーは、カナダが世界に与えた最高の贈り物の1つです。今回、CBCとノースウッド・エンターテインメントと協力し、人々を魅了してやまないアンというキャラクターを、世界中の新旧のファンにお届けできることを非常に嬉しく思っています。」と、Netflixコンテンツ担当バイス・プレジデントを務めるエリザベス・ブラッドリーは語っている。

またニキ・カーロ監督も「素晴らしく才能にあふれたチームの一員になれること、そして誰もが知る稀代のキャラクターにこのように新鮮で大胆な形で命を吹き込む作品に関われることに、喜びと刺激と名誉を感じています。」とコメントを残している。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE