トートバッグにアラビア語で書かれた「特に意味のない」文章の意図とは?

ベルリンの地下鉄で、とある乗客が風刺の効いたトートバッグを持っている画像がTwitterやFacebookで話題になっている。そのトートバッグにはピンクのアラビア語が書かれているだけなのだが、何がそこまで人々の興味を引きつけたのだろうか?

ベルリンの地下鉄に乗っていたNader Al-Sarrasさんは、ユニークな文章がアラビア語で書かれているトートバッグを発見した。彼がその画像を英語訳とともにFacebookにアップしたところ、大反響があった。Al-Sarrasさんが訳したトートバッグに書かれていたアラビア語の文章とはこのようなものだった。

"This text has no other purpose than to terrify those who are afraid of the Arabic language."

この文章はアラビア語を恐れる人を怖がらせる以外の意味はありません。

と、これはイスラム圏への差別や偏見に対する風刺の意味が込められたトートバッグだったのだ。

このトートバッグは、29歳のSana Jammaliehと27歳のHaitham Charles Haddadが運営するイスラエルのプリントデザインチームRock Paper Scissorsによって制作された。

彼らはRPSを立ち上げたきっかけを「人間味のない、グローバルブランドの服を着るより、自分たちをレペゼンする、ローカルな何かを着たいという人がたくさんいるから、このプリントデザインチームを始めた」とメディアの取材に対して語った。

RPSの製品のほとんどにアラビア語が含まれているが、そこにはしっかりしたステートメントがあるわけではない。RPSは「アラビア語は私たちの言語であり、私たちの一部分でもあるからね。アラビア語は私たちのアーバンランドスケープの一部であるべきだと思うよ」とアラビア語をデザインに組み込む理由を答えた。

そして「(トートバッグに)何を書こうか考えていたところ、文章が大事なのではなく、フォントと言語の存在こそが大事なんだという結論に至ったんだよ」とトートバッグの制作ストーリーを明かした。

現在このトートバッグはオンラインで購入することはできないが、イスラエルのHeifaという街で、約7ドルで購入できる。

RELATED

Diddyが問題となったH&Mの広告に登場した少年モデルに100万ドルでモデル契約をオファーとの報道

黒人の少年モデルが"Coolest Monkey In The Jungle"とプリントされたパーカーを着ている広告写真が問題となり批判を浴びているH&M。

人種差別的な広告写真を掲載したH&Mに対する抗議の波は更に広がり、問題の写真をアレンジしたアートワークも多数制作される

H&Mが人種差別的な広告写真を自身のオンラインサイトに掲載した問題に対しての抗議の波はさらに広がりをみせている。

イジメに苦しむ少年にSnoop DoggやCardi Bなどが熱いメッセージを送るも、母親にレイシストの疑惑が浮上し炎上

先週末にある少年が涙ながらに、学校でイジメにあっていることを語るビデオが、母親のFacebookアカウントにアップされ、多くの反響を呼び、Snoop DoggやCardi Bなどの人気ラッパーたちが少年に対し、熱いメッセージを送った。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。