サミュエル・L・ジャクソンの熱いオリンピック応援ツイート集

CULTURE  2016.08.17  FNMNL編集部

映画界の名優サミュエル・L・ジャクソンのTwitterがまたしても止まらない。彼のオリンピック応援ツイートはもはやオリンピックの風物詩となっている。もちろんジャクソンは現在開催中のリオ五輪でも名(迷)ツイートを絶賛投稿中だ。

彼は母国のアメリカのオリンピック選手を応援するツイートをしているのだが、その熱の入りようとひいき目な視点は、ハリウッドの名優というより「ただの熱狂的なおじさん」だ。そのツイートをいくつか紹介しよう。

編集部注) 彼のオリンピックツイートには最後に必ず「Go USA!」と入るのがお決まりになっている。

まず最初は史上最強のスイマーマイケル・フェルプスが男子400メートルリレーで金メダルを獲得したときのツイート。これはまだ平常運転にすぎない。

アクアマン・フェルプスの一番ヤバすぎる脚だ!!!どんな形でも泳げるぞ!がんばれアメリカ!!

編集部) アメコミ・DCコミックスに登場する架空のスーパーヒーロー

次に紹介するのは開会式前のツイートだ。ジャクソンは自撮りを添えて応援。

一今晩は最高のアメリカ代表の応援!めちゃくちゃ興奮してるぜ。一緒にNBCでオリンピック開会式を見ようぜ。がんばれアメリカ!

女子体操団体でライバル国ロシアの選手に対してdisツイートを投下。ロシア=酔っぱらいというジョークも交えてこんなツイート。

あのロシアの酔っ払いのダンスは減点、減点!がんばれアメリカ!!<

知的なジョークだけではなく、勢いもジャクソンにとっては大事。女子体操団体でアメリカの演技を見てこのツイート。

マキシマム・ヴォルテージ!!!がんばれアメリカ!!!

ジャクソン大興奮。次のジャクソンの標的はコメンテーターにも向けられる。体操競技の辛口コメンテーターのTim Daggettにこんなツイート。

この女の子たちをなんとかしてやってくれ!がんばれアメリカ!Timもうちょっと優しく頼むぜ

4年前のロンドン・オリンピックのときにもジャクソンは、主演映画のプロモーションそっちのけで応援ツイートを連発し、プロデューサーを困らせたという逸話も残している。

なんとその時は日本の水泳代表入江選手もジャクソンのツイートの標的とされていた。

入江(Irie)!ジャマイカ人みたいな名前だな!もっとメダルを!がんばれアメリカ!

Irie(アイリー)=ジャマイカのスラングでいい感じという意味

まだまだ続くジャクソンのツイートをリオ五輪の暑苦しいお供にしてみてはいかがだろうか。

https://twitter.com/samuelljackson

MUSIC

FASHION

CULTURE