Frank Oceanの盟友が掲示板サイトに登場。しかし新作の質問はNG

先週末にAppleの担当者が、Frank Oceanの新作『Boys Don't Cry』が近日中にリリースされることを認め、ファンを色めき立たせた。しかし週末に同作がリリースされることはなく、またアルバムをめぐる状況は白紙に戻ってしまった。そんな状況のなか、1stアルバム『Channel Orange』のプロデューサーとして重要な役割を果たしたFrank Oceanの盟友Malayが掲示板サイトRedditの企画に登場しファンからの質問に答えた。

企画開始前にMalayはFrank Oceanの新作についての質問には答えないと明言していた。しかしファンはなんとかしてアルバムについて聞き出そうとし、1人の情熱的なユーザーがMalayの今作での役割を聞き出すことに成功。その答えのなかでMalayは「芸術作品は急いで作ることができない」と暗に『Boys Don't Cry』が未完成である趣旨の回答をおこない、さらに「完璧な美しさをもったものにたどり着くためには常に遠回りしたり、挑戦と失敗がつきものだ」と書き加えた。

またMalayはこの他にも多くのFrank Oceanに関する質問に回答。2人が初めて会ったのは2008年のアトランタで、初めて一緒に曲を作ったのはR&BシンガーのMarioの曲だと明かした。

MalayはたびたびBooty Clubという単語と?の絵文字を並べて回答。いらだったファンが「Booty Clubってなんだ?」と聞いたところ、Malayは「Booty Clubのチケットを欲しい人は誰でももらえるよ」と意味深な回答をおこなった。

このBooty Clubが『Boys Don't Cry』と関係あるワードなのかはわからないが、今はただリリースの日を待つしかない。

RELATED

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

Playboi Cartiがリスペクトを公言するFrank Oceanと5曲をレコーディングしたと明かす

5月にはデビューアルバム『Die Lit』をサプライズリリースし、また88risingのアルバム『Head in The Clouds』にも参加したPlayboi Cartiが、Frank Oceanと共に5曲もの新曲をレコーディングしたことを明かした。

PharrellがFrank Oceanの芸術性を語る

Frank Oceanのアルバム『Channel Orange』のリリース6周年を記念し、同作に楽曲を提供しているPharrellが彼の軌跡についてAppleのBeats 1の番組で語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。