Flying Lotusが監督をつとめる映画のサントラにAphex Twinや山岡 晃が参加

Flying Lotusの初監督作として話題の短編映画『Royal』は先週末に開催されたSundance NEXT Festivalで初めて公開された。Flying Lotusがsteveという変名でメガホンを取っている『Royal』だが、実は長編映画『Kuso』の一部であることがFlying Lotusのツイートから明かされた。

Flying Lotusの一連のツイートによると現在『Kuso』は65%完成しているとのことで、さらにサウンドトラックにはAphex Twinの新曲が収録されるほか、ゲーム『サイレント・ヒル』のサウンドトラックでおなじみの山岡晃、盟友Thundercat、また自身のラッパーとしての名義であるCaptain Murphyの曲も収録されるという。

ただ現在も完成までの十分な資金がまだ集まっておらずに、完成の目処はたっていない。

 

またFlying Lotusは自身のInstagramに『Kuso』一部を公開している。

RELATED

Flying Lotus率いるBrainfeederの10周年記念コンピレーションがリリース決定

今年設立10周年を迎えたFlying Lotus主宰レーベルBrainfeeder。怒涛のリリースラッシュや、日本でもSONIC MANIAのステージジャックやポップアップを開催するなど、様々な企画を行ったレーベルから記念コンピレーションがリリースされることになった。 36曲を収録したこのコン...

MAJOR FORCEの30周年を祝うドキュメンタリームービーが公開

9/22(土)から10月12日(金)まで都内各地やインターネット上などで開催されるRED BULLによる音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』。

トランプ大統領を標的にしたマイケル・ムーアの最新作『華氏119』の予告編が解禁

ドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアが、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプをターゲットにした最新作『華氏119』。11/2(金)にTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される本作の予告編映像が公開となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。