James BlakeとHudson MohawkeがTwitter上でバトル

MUSIC  2016.08.15  FNMNL編集部

Frank Ocean騒動の余波は思わぬところにも破紋を広げている。先日UKのビートメーカーHudson MohawkeがFrank Oceanにビートを提供したことを明らかにした。あわせて、Mohawkeは2年前にJames Blakeとも一緒に曲作りをしたこともツイート。しかしそれに対してJames Blakeはこれまでに「Hudson Mohawkeと曲を作ったことはない。とても困惑している」と反論した。

そして本日Hudson MohawkeはJames Blakeから2年前に送られていたメールを公開しつつ、「James BlakeともFrank Oceanともコラボをしようとしたが、結局彼らからは曲になるような素材は送られてこなかった」という釈明のツイートをおこなった。

しかし自身のプライベート・メールを公開されたことやHudson Mohawkeがコラボ用のデモをリークしようとしたことに腹を立てたのか、James Blakeは再度Hudson Mohawkeに対して怒りのツイートをおこなった。

そのツイートでJames Blakeは「ほっとしたよ、僕たちが一緒に曲を作らなくて、なぜなら僕はあなたを音楽制作の相手として信用できないから。あなたがそのように曲をリークするとか脅しを続けると、いつかあなたのことを誰も信用できなくなる。もう一度言う、とても困惑させられた」と述べている。

その後Hudson MohawkeはTwitter上で議論するんじゃなくて、プライベートで話し合って問題を解決しようとJames Blakeに呼びかけ、事態の収拾を図っている。それに対してOPNが謎のツイートで横槍をいれるなど、まだまだ騒ぎは続きそうだ。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE