RITTOとOlive Oilによる音源をDJ 4号棟がミックスした『ISLAND TALK [Olive Oil x RITTO]』がリリース決定

ラッパーのRITTOとビートメーカーのOlive Oilはそれぞれ沖縄と福岡を拠点に独自のサウンドを追求してきた。2人はこれまでにもRITTOの"NINGEN State of Mind pt-II"や"1.2.1.2."などで抜群の相性を披露してきた。今回2人による新曲、初公開のリミックス音源等をRITTOも所属する赤土クルーのDJ 4号棟がミックスしたMIX CD『ISLAND TALK [Olive Oil x RITTO]』が10/5にリリースされることになった。

収録楽曲のビートは全てOlive Oilが製作したもので、RITTOの既発曲のリミックスやRITTOとOlive OilによるこのMIX CDエクスクルーシブの音源まで収録。その動向が常に注目されるラッパーRITTOと日本が世界に誇るプロデューサーOlive Oilの作り上げる力強い世界を堪能できる作品になっている。

<Release Info>

4go_to

 

ARTIST : DJ 4号棟
TITLE : ISLAND TALK [Olive Oil x RITTO] - Mixed by DJ 4号棟
LABEL : サバニレコーズ
FORMAT : CD
発売日 : 2016年10月05日(水)
価格 : \1,204(税抜)

収録曲
01. nocryWELCOMEOKNWREMIX 2 / POPO JHONNYNHO Olive Oil Remix!!!
02. OMYG 1 / Olive Oil
03. Paikaji Antem / RITTO x Olive Oil
04. PUu HAAa / Olive Oil
05. PRAY RAW PLYIN IMACA / Olive Oil
06. ICHIGO / RITTO Olive Oil Remix!!!
07. MARI O / RITTO Olive Oil Remix!!!
08. DECA KICK / RITTO Olive Oil Remix!!!
09. HBDP / Olive Oil
10. A(ID TRIP / Olive Oil
11. 0606 / RITTO Olive Oil Remix!!!
12. JAZZCAMO / Olive Oil
13. SHIMANCHU STAR / RITTO x Olive Oil
14. ASIANSTA / RITTO x Olive Oil
15. I KNW / Olive Oil
16. BUFFA LOW SOLDIER / Olive Oil
17. ASHITACA AS SATECA / Olive Oil
18. NINGEN State of Mind pt-3 / RITTO Olive Oil Produce!!!
19. ANOTHER KEEP BACK F / Olive Oil
20. KITAZEKITAZE / Olive Oil

RELATED

フロリダの若手ラッパーProject YounginがInstagram Live中に銃撃される

先日XXXTentacionが銃撃されて殺害されたフロリダで、またしても痛ましい事件が起きてしまった。

逮捕されたラッパーが自身のリリックを根拠に通常より重い判決を下される

ストリートでのリアルな経験を歌うことはある種のラップにおいて重要な要素の一つだが、それらが行き過ぎたためにシリアスなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるようだ。

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。