Frank Oceanの『Channel Orange』が3年ぶりにビルボード・チャート入り

Frank Oceanの新作『Boys Don't Cry』はAppleの担当者が近日リリースされるのを認めたことで急展開となりそうだ。新作のリリースを待ちきれない焦燥感にかられた人々は、どうやら前作『Channel Orange』を聞いているようだ。多くの人々がストリーム再生をおこなったおかげで『Channel Orange』が3年ぶりにビルボード・チャート入りするのが確定した。

ビルボードによれば『Channel Orange』は前週より40%多いリスナーを獲得し、これは5000枚のアルバムセールスに相当。このままいけばトップアルバムチャーと146位にランクインすることが確定的という。『Channel Orange』が最後にビルボード・チャートにランクインされたのが2013/5/18付けのチャートで、3年ぶりのチャートインとなる。

またFrank Oceanの曲やミュージックビデオは、新曲が全くリリースされていないにもかかわらず先週だけで700万回オンデマンドで再生されるという記録もあがっている。新作への期待感だけでこの記録を生み出しているFrank Oceanだが、新作がリリースされたらどうなってしまうのだろうか...

RELATED

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

Playboi Cartiがリスペクトを公言するFrank Oceanと5曲をレコーディングしたと明かす

5月にはデビューアルバム『Die Lit』をサプライズリリースし、また88risingのアルバム『Head in The Clouds』にも参加したPlayboi Cartiが、Frank Oceanと共に5曲もの新曲をレコーディングしたことを明かした。

PharrellがFrank Oceanの芸術性を語る

Frank Oceanのアルバム『Channel Orange』のリリース6周年を記念し、同作に楽曲を提供しているPharrellが彼の軌跡についてAppleのBeats 1の番組で語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。