Chance the Rapperがシカゴの街中でCDやレコードをサプライズプレゼント

シカゴを拠点にする大人気ラッパーChance The Rapperは、これまで自身のすべてのアルバムをフリーでリリースしてきた。そんな彼がレコードショップでセレクトしたCDやレコードを、シカゴの街中で道行く人にプレゼントするという粋な企画が催された。

Chance The RapperはシカゴのレコードショップReckless Recordsを訪問。そこでJay Dillaのクラシックアルバム『Donuts」やシカゴの若手ラッパーMick Jenkinsのアルバム『The Water[s]』、映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』のサウンドトラックなど大量のレコードやCDをディグした。

その後購入したレコードやCDを手に「CDやレコードがタダだぜ、CDやレコードを持っていってくれ」と行商人のように街中で連呼。集まってきた人々にその人に合いそうなレコードやCDを説明しながらプレゼントしていった。多くの人に聞いてもらうために自身の作品を無料でリリースしているChance The Rapperらしいはからいといえるだろう。動画は下のプレイヤーから見ることができる。

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

G HerboがChance The RapperはKanye WestやMichael Jordanよりもシカゴに貢献していると語る

今日、プロデューサーのSouthsideとコラボした作品『Swervo』をリリースしたシカゴのラッパーG Herbo。

Chance The Rapperが4曲の新曲をサプライズリリース

今週一度はアルバムのリリースが報じられたものの、Twitterで本人が否定したChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。