ネオ空撮時代のトップフォトグラファー Marcus Lyon

空撮写真は今、新しいフェーズに突入している。廉価なドローン機器を用いたカメラ撮影はすでに欧米を中心に「空撮の大衆化」とも言える事態をもたらし、ドローン写真のみで構成される展覧会や、ドローン画像のインスタグラムなど、空撮写真界は群雄割拠の時代。

by Yuki Kobayashi

だがここで紹介するMarcus Lyonが撮るのは、どれも同じようなドローン写真とは一線を画す、とてつもないスケールの作品だ。

イギリスで政治学を学んだのちにハーバード・ビジネススクールに行き、アムネスティ・インターナショナルで働いていたやや風変りな経歴を持つMarcus Lyon。

アンドレアス・グルスキー、エドワード・バーティンスキーらといった巨匠と並んで評されるとんでもないスケールの遠景は、グローバリゼーションにおけるモノとヒトの大量移動への思考が核になっている。

Marcus Lyon 1

Marcus Lyon 2

Marcus Lyon 3

Marcus Lyon 4

Marcus Lyon 5

Marcus Lyon 6

その他のシリーズも彼のポートフォリオサイトからチェックできる。
http://www.marcuslyon.com/

RELATED

ベルリンのフォトグラファーJohannes BöttgeがZINEの発売を記念した展覧会を開催

ベルリンのパブリッシャーNative Teenageの主宰者で、フォトグラファーでもあるJohannes Böttgeが新作ZINE『Reaperland』をリリース。発売を記念して、東京・恵比寿のSALT AND PEPPERで展覧会と発売記念イベントを、10/13(土)から行う。 明日のオ...

ベルリンを拠点とするストリートアーティストEL BOCHOの個展『GOLDEN TIMES』が開催

ベルリンを拠点に活動するストリートアーティストEL BOCHOが2年ぶりとなる日本での個展『GOLDEN TIMES』を、10/12(金)から11/25(日)まで東京・池尻の104GALERIE、104GALERIE-Rの2会場で開催する。

山谷佑介によるドラムセットを使用したパフォーマンスによるセルフポートレート作品『Doors』をYouTube Liveで配信

写真家の山谷佑介によるドラムセットを使ったパフォーマンスによるセルフポートレート作品 『Doors』が、代官山 フォトフェアの会場内で再演される。『Doors』は過去作により自らの“撮る”という行為を強く意識した山谷による、自らを被写体とした最初のセルフポートレート作品。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。