Gucci Maneのお気に入りのファッションブランドとは?

Gucci Maneが出所後もガールフレンドによって、苛酷な食生活を強いられているのを先日お伝えした。Gucciはハンバーガーを食べたいとSnapchatでSOSを出して、それに盟友のプロデューサーMike WiLL Made Itが応えハンバーガーを持ってきてくれたときは、Mike WiLLと熱いハグを交わしていた。しかしGucciにとっては苛酷な食生活がプラスに働いている場面もあるようだ。

それは主にファッションの面だ。GucciはVogueに掲載されたインタビューで「牢獄に入る前は、おれは太りすぎていて、着たい服が全く着れなかったんだ」と答え、減量してからは「本当に着たいブランドを着れるようになった」と話す。そして体をネクストレベルにするため筋トレを週に6日1時間半ずつ行っているも答えている。

Gucciは最新ミュージックビデオ"Gucci Please"の中でBalmainのコートを着ているが、インタビューのなかでも「好きなデザイナーズブランドはGivenchyやBalmain、Buscemi、Christian Louboutinだ」と述べ、さらに自分の名前にもなっているGucciもとてもお気に入りだという。「おれはGucciがめちゃくちゃ好きなんだ。おれが欲しいサングラスも出しているし、服もとても好きだ。最近おれはGucciのスウェットスーツとサンダルを買って、サンダルは彼女にもプレゼントしたんだよ」とGucci愛を打ち明ける。

 

またGucciはそれらの服を全てインターネットショッピングで購入しているという。それはGucciが外出禁止処分を受けているからという理由ではない。「かつては店にいって、服を持ってこさせて、自分の目でどれが好きか嫌いかを判断するか、写真を送ってくれと頼んでいたよ。でも今はネットで探すのが楽だし好きだ。ネットなら50個のブランドのショップにも簡単に行けるだろ、でもモールに行ってもせいぜい2つ〜3つのショップしか回れないだろ」と合理的な考え方を示している。

GucciのVogueでのインタビューはリンク先から読むことができる。

Gucci(楽天)

RELATED

DIESELがネット上の誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE」を展開 | 全国のショップでストアイベントも開催

DIESELは今やなくてはならない存在となったソーシャルメディア上で、社会問題にもなっている誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE(ヘイト クチュール)-ヘイトなんて、着ちらそう。」とメッセージを投げかける。

T.I.がキュレーションするトラップ博物館がアトランタにオープン

今年T.I.とGucci Maneが、どちらがトラップの発明者かという話題で争いになったのを覚えているだろうか。

Gucci Maneが「俺は成長し続けている」と述べ、他人の失敗や不幸を願う人々について語る

今年はT.I.とのトラップの起源を巡る論争が話題となったが、2016年に刑務所から釈放されて以来精力的に活動を続け、またSNSでもポジティブなバイブスを発信し続けているGucci Mane。そんな彼が、他人が失敗することを望んでいる人々についての持論を述べている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。