伝説のコンピューターが生んだ2000本のゲームが遊び放題

CULTURE  2016.08.10  FNMNL編集部

Commodore社が開発したAmigaというコンピューターをご存知だろうか?Amigaは、低価格の家庭用パーソナルコンピューターとして欧米を中心に流通し、あのアンディー・ウォーホルがAmigaのファンだったことも知られている。80年代の名機Amiga用ゲーム、その数2000本以上を今ならオンラインでフリーで遊ぶことができる。

インターネット上のマルチメディアのアーカイブを収集する団体インターネット・アーカイブが2000本のソフトをフリーで公開。中には『バブルボブル』や『レミングス2』など日本で高い人気をほこるソフトも含まれている。

遊び方は簡単。エミュレーターなどは必要ではなく、archive.org上で全て完結。遊びたいゲームを選ぶだけですぐに遊ぶことができる。

 

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE