交通事故でメンバー全員が命を落としたViola Beach、UKアルバムチャートで1位を獲得

ツアーの移動中に車が橋から転落し、メンバー4人全員とマネージャーが亡くなるという悲劇に見舞われたイギリス出身の4人組インディー・ロックバンド、Viola Beachのデビューアルバムが、8/1~8/7付けのUKアルバムチャートで1位を獲得した。
by Yuuki Yamane

彼らを不幸が襲ったのは、今年2月に行っていたスウェーデン・ツアー中だった。ストックホルム市内でメンバー4人とマネージャーを乗せた車が高速道路の橋から24メートル下の運河へ転落し、同乗していた全員がその尊い命を落としたのだ。バンド結成から1年足らず、マネージャー含め全員が20~35歳という若さだった。

この衝撃的なニュースを受けて、事故直後には元OasisのLiam Gallagherをはじめ、Kasabian、 The Stone Rosesなど、数多くのミュージシャンがそのあまりに早すぎる死を追悼し、彼らの曲をサポートする活動をSNSで展開。シングル"Swings & Waterslides"はUKシングル・チャート11位を獲得した。

 

またColdplayのChris Martinは、自身がヘッドライナーを務めたグラストンベリーのステージ上で「最悪のことが起こってしまったと思った。彼らにとって違った未来を作り出したいと考えてるんだ。彼らにもここで演奏してもらおうと思うんだよ」と語り、実際にViola Beachが演奏する映像をステージのバックに映しながら、音源に合わせるように彼らの曲”Boys That Sing”をパフォーマンスした。
さらに8月4日には「今週発売された、素晴らしく才能に満ちあふれたViola Beachのアルバムをチェックして。(それは、1位にふさわしいあるアルバムだよ)」と、ツイッターでコメントしている。

 

こうした多くのスターたちによるサポートもあり、7/29に発売された彼らのデビューアルバム『Viola Beach』は、8/1~8/7付のUKアルバムチャートでみごと1位を獲得。ポップなギター・チューン満載で、多くのメディアからも絶賛をもって迎えられている。

エネルギーあふれるインディー・ロックが詰まった、1stアルバムにしてラストアルバムをぜひ聴いてほしい。

<Release Info>

Viola Beach

タイトル: Viola Beach(ヴィオラ・ビーチ)
レーベル:Fuller Beans / Hostess
発売日:2016年7月29日(日本盤は10月5日発売予定)
iTunes:
<トラックリスト>
1. Swings And Waterslides
2. Life A Fool
3. Go Outside
4. Cherry Vimto
5. Drunk
6. Really Wanna Call
7. Call You Up
8. Get To Dancing
9. Boys That Sing

RELATED

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

UKドリルのミュージックビデオが暴力的だとして警察当局の申し立てによりYouTubeから削除される

Chief Keefなどシカゴのラップミュージック=ドリルの影響を受け、UKで独自に進化したUKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されてしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。