Pioneer DJからターンテーブルの新モデル『PLX-500』が登場

Pioneer DJは高品位なアナログレコードサウンドを楽しめ、さらにDJプレイが可能なダイレクトドライブターンテーブル『PLX-500』を9月上旬発売することを公表した。

『PLX-500』は2014年9月に同社が発売し、世界中のクラブやプロフェッショナルDJに愛されているモデル『PLX-1000』の音質設計を踏襲し、幅広い方にアナログレコードを楽しんでもらえるための機能を備えたモデルとなっている。

PLX-500

PLX-500

PLX-500の特長

1 プロフェッショナルターンテーブルの設計思想を踏襲し高品位なアナログレコードサウンドを実現。針先からPHONO/LINE出力までの経路を最短に設計することで、アナログレコードの本来持つ音質を忠実に再現している。またPHONO出力だけでなくLINE出力に対応していますので、パワードスピーカーと直接接続するだけで高品位なアナログレコードサウンドを手軽に楽しむことができる。

2 アナログレコードをデータ化し外出先でも楽しむことができる簡単デジタル録音が可能。USB-B端子を搭載し『PLX-500』とPCを接続し、アナログレコード音源をデータ化して録音できる。

PLX-500

3 DJプレイを可能にするダイレクトドライブターンテーブル。ハイトルクダイレクトドライブ方式を採用し、2台の「PLX-500」とDJミキサーを組み合わせることで楽曲のミックスやスクラッチなどのDJプレイが可能。また、「rekordbox dvs(有償)」対応のDJミキサーと組合せることで、Control Vinylを使用しPCのデータ音源もプレイできる。

PLX-500

『PLX-500』は9月上旬に発売開始。詳細はオフィシャルページをチェック。

RELATED

Pioneer DJから『XDJ-RX2』のブリリアントホワイトカラーの限定バージョン『XDJ-RX2-W』が発表

Pioneer DJから、rekordboxに対応した一体型のDJコントローラー『XDJ-RX2』の限定モデル、『XDJ-RX2-W』が10/26(金)に発売となる。

Pioneer DJから新たなオールインワンDJシステム『XDJ-RR』が発売決定

Pioneer DJから、新たな2chのオールインワンDJシステム『XDJ-RR』が9月上旬に発売される。

Pioneer DJからDJコントローラーの新型機『DDJ-SX3』がリリースへ

Pioneer DJから2014年に発売されたDJコントローラー『DDJ-SX2』の後継機、『DDJ-SX3』が6月上旬にリリースされることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。