Pioneer DJからターンテーブルの新モデル『PLX-500』が登場

MUSIC  2016.08.03  FNMNL編集部

Pioneer DJは高品位なアナログレコードサウンドを楽しめ、さらにDJプレイが可能なダイレクトドライブターンテーブル『PLX-500』を9月上旬発売することを公表した。

『PLX-500』は2014年9月に同社が発売し、世界中のクラブやプロフェッショナルDJに愛されているモデル『PLX-1000』の音質設計を踏襲し、幅広い方にアナログレコードを楽しんでもらえるための機能を備えたモデルとなっている。

PLX-500

PLX-500

PLX-500の特長

1 プロフェッショナルターンテーブルの設計思想を踏襲し高品位なアナログレコードサウンドを実現。針先からPHONO/LINE出力までの経路を最短に設計することで、アナログレコードの本来持つ音質を忠実に再現している。またPHONO出力だけでなくLINE出力に対応していますので、パワードスピーカーと直接接続するだけで高品位なアナログレコードサウンドを手軽に楽しむことができる。

2 アナログレコードをデータ化し外出先でも楽しむことができる簡単デジタル録音が可能。USB-B端子を搭載し『PLX-500』とPCを接続し、アナログレコード音源をデータ化して録音できる。

PLX-500

3 DJプレイを可能にするダイレクトドライブターンテーブル。ハイトルクダイレクトドライブ方式を採用し、2台の「PLX-500」とDJミキサーを組み合わせることで楽曲のミックスやスクラッチなどのDJプレイが可能。また、「rekordbox dvs(有償)」対応のDJミキサーと組合せることで、Control Vinylを使用しPCのデータ音源もプレイできる。

PLX-500

『PLX-500』は9月上旬に発売開始。詳細はオフィシャルページをチェック。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE