静物たちのひそやかな反乱 ー Jiaxi Yangの写真

見慣れているはずの生活用品が、よそよそしく見慣れない姿をあらわにしながら
カラフルな画面に浮かぶようにおさまっている。
89年生まれの上海出身の若手写真家、Jiaxi Yangの写真だ。

by Yuki Kobayashi

Jiaxi Yangはありふれた物たちへ施したほんの少しの柔らかい操作で、
余分なものを帯びない新しい表情をまとわせる。

Jiaxi Yang

 

Jiaxi Yang

 

Jiaxi Yang (3)

 

Jiaxi Yang

Jiaxi Yangは、ニューヨーク大学でビジュアルアーツを学び、Fou Galleryを共同設立。
キャパの国際写真センターでも学んだ後に、2015年の LensCulture Emerging Talents、
British Journal of PhotographyのOnes to Watch 2016など世界各国でアワードを受賞している。

シュールレアリズムのような大袈裟な意図とは無縁の、
情報量の少ない構図とカラーセンスがいま世界で注目され始めている。

Jiaxi Yang

 

Jiaxi Yang

 

紹介したのは主に自主制作写真集、『The Horizontal Mode of A Waking Life』シリーズからの写真。
Instagram、HPでもポートフォリオを堪能できる。

http://jiaxiyang.com/
https://www.instagram.com/jiaxi_yang/

RELATED

ベルリンのフォトグラファーJohannes BöttgeがZINEの発売を記念した展覧会を開催

ベルリンのパブリッシャーNative Teenageの主宰者で、フォトグラファーでもあるJohannes Böttgeが新作ZINE『Reaperland』をリリース。発売を記念して、東京・恵比寿のSALT AND PEPPERで展覧会と発売記念イベントを、10/13(土)から行う。 明日のオ...

ベルリンを拠点とするストリートアーティストEL BOCHOの個展『GOLDEN TIMES』が開催

ベルリンを拠点に活動するストリートアーティストEL BOCHOが2年ぶりとなる日本での個展『GOLDEN TIMES』を、10/12(金)から11/25(日)まで東京・池尻の104GALERIE、104GALERIE-Rの2会場で開催する。

山谷佑介によるドラムセットを使用したパフォーマンスによるセルフポートレート作品『Doors』をYouTube Liveで配信

写真家の山谷佑介によるドラムセットを使ったパフォーマンスによるセルフポートレート作品 『Doors』が、代官山 フォトフェアの会場内で再演される。『Doors』は過去作により自らの“撮る”という行為を強く意識した山谷による、自らを被写体とした最初のセルフポートレート作品。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。