Dillon FrancisがCalvin Harrisと間違われ激怒

アメリカのDJでありアーティストのDillon Francisがとんだ災難に巻き込まれた。

彼は7/28自身の新曲"Candy feat. Snappy Jit"のミュージックビデオを、ソニーやユニバーサルが運営するミュージックビデオ共有サービスVevoを通じてYoutubeにアップロードした。しかしなにを間違ったのかVevoはDillon FrancisではなくCalvin Harrisの名前をアーティスト名として登録してしまった。それに対して激怒したDillon Francisのリアクションが彼のTwitterにポストされている。

 

相当な怒りっぷりであるが、実はDillon Francisがこういったトラブルに巻き込まれるのは今回が2度目なのだ。
1回目はDJ Snakeとの共作曲"Get Low"が彼にとって初めてのプラチナムディスクを獲得したときにおこった。プラチナムディスクを獲得した際の記念のレコードにミス・スペルが見つかったのだ。Dillon Francisは今回と同じくTwitter上にビデオをポストし怒りのリアクションを披露した。

そして2回目の今回、慣れたものなのか彼は怒るだけではなく自身のアーティスト写真にCalvin HarrisとプリントされたTシャツをオフィシャルサイトで8時間限定で販売。そのTシャツは話題を呼びすぐさま完売してしまった。

 

もう一方の当事者(?)であるCalvin HarrisはDIllon FrancisのTシャツについてのポストを公式RTするなどDillon Francisをサポートする姿勢をみせた。

RELATED

【レビュー】Calvin Harrisは場所を示す | 『FUNK WAV BOUNCES VOL. 1』について

もう2017年、誰しもがいわゆるEDMという名前で括られるサウンドのバリエーションが限界にきていると考え始めるアーティストがいてもおかしくない。

Calvin Harrisの新作『Funk Wav Bounces Vol. 1』のインストバージョンが公開

Calvin Harrisがリリースしたばかりのニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』の、全曲のインストバージョンをYoutubeの自身のチャンネルで公開している。

Calvin Harrisの『Funk Wav Bounces Vol. 1』のオウムがDJ役をつとめるティザームービー

先行曲"Slide"などが話題となっている、Calvin Harrisのニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』は6/30にリリースされる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。