ヒップホップ草創期の時代を描いたドラマ『The Get Down』のサントラに参加するアーティストが明らかに

CULTURE  2016.07.30  FNMNL編集部

映画『ロミオ&ジュリエット』や『グレート・ギャツビー』などで知られるバズ・ラーマンが監督をつとめる注目のドラマ「The Get Down』のサウンドトラックに参加するアーティストが明らかになった。

『The Get Down』は1970年代の荒廃したNYの街を舞台に、産声をあげたばかりのヒップホップカルチャーとともに成長していく少年たちを描いたNetflix発のドラマ。先日トレイラーが公開され第一部の放送開始も8/12と発表があった。

サウンドトラックには同作のエグゼクティブプロデューサーをつとめるNasをはじめMiguel、Christina Aguilera、Zaynなどが参加すると発表された。サウンドトラックはApple Musicで先行リリースされることもあわせて明かされた。監督のバズ・ラーマンは「このサウンドトラックは70年代末のNYの混沌として偉大なクリエイティビティーが渦巻いていた『The Get Down』が描く世界の背景にある多様な音楽ジャンルを紹介してくれる。楽曲では多くのクラシックチューンを使っているが、私たちはモダンなサウンドやテクニックも使って当時と現代の橋渡しをおこなっている」とコメントを発表している。

MUSIC

FASHION

CULTURE