SoundCloudが1000億円で事業の売却を検討中との情報

Bloombergが入手した関係筋からの情報によるとSoundCloudは約1000億円で事業の買収先を探しているという。しかし今のところ手を上げる企業や投資家は見つかっていないとのことだ。

TwitterはSoundCloudの価値を700億と見積もり、SoundCloudに70億円の出資を決定。しかしながらSoundCloudが目指す金額には程遠かったようだ。

出資者が見つからない理由はローンチして4ヶ月のSoundCloud Goがうまく行っていないことにあると見られている。175万人のユーザーを見込んでいたものの、まだまだその数字を達成するのが難しそうだ。他のストリーミングサービスと比べて、SoundCloudはメジャーレーベルと契約を結んだものの、まだまだストリーミングできる音楽は限られている。

SoundCloudの売却はいくつかの会社との議論になったものの、買収の決定には至っていないという。今回明らかになったSoundCloudの売却プランは、SoundCloudの経営戦略自体を見なおさなければいけない時期が来ていることを示唆している。

ミュージシャンが自身の楽曲をアップロードし、フリーでダウンロードしてもらうというMixtapeカルチャーのプラットフォームをSoundCloudは提供し、古い音楽業界のサービスモデルから抜き出た。そのモデルはSoundCloudをメジャーにしたが、SoundCloudはそのモデルから脱却しようしていたが、うまく行っていないようだ。

もちろんストリーミングサービス市場は、Spotify、Apple Music、Tidalと戦国時代。もちろんこれらのサービスはSoundCloudより先にメジャーレーベルと契約し、SoundCloudがMixtapeのビジネスモデルを収益化する前に、先に成功している。

SoundCloudはこの件について公式にコメント発表をしていない。

via Bloomberg Technology

RELATED

12年間会っていなかった二人の女性がTwitter上で再会

SNS、特にTwitterはその暗い面ばかりが取り上げられがちだが、時には心温まるような出来事も起こるようだ。

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。