Tyler, The CreatorがPharrellの『In My Mind』発売10周年を記念してPharrellに捧げたメッセージが感動的と話題に

Tyler, The Creatorはこれまで何度もPharrellへの愛を隠さず表明してきた。しかし、今日彼がInstagramに投稿したPharrellへの賛辞は、読むものの心を打つ素晴らしいものであるとファンたちが口をそろえて賞賛している。

10年前に発表されたPharrellの『In My Mind』を記念して、Tylerはレコードの写真とコメントをInstagramに掲載した。現在このポストには1700件以上のコメントと10万近くのいいねがついている。

15歳の頃にサマースクールに参加していたTylerは、毎晩ドイツのサイトでPharrellのアルバムの視聴バージョンを聞きかじっていたという。2006年の7月25日に発売された、Pharrellらしくヒップホップをベースに、アーバンなテイストからロックまでを取り入れたソロデビュー作『In My Mind』は、Tylerを熱狂させた。アップライトベースが特徴的な"CAN I HAVE IT LIKE THAT"などに夢中になった一曲一曲の思い出や、このアルバムとPharrellが自分に与えた影響を綴っている。

15歳の黒人の少年の自分は周りのみんながハマっていることにのれなかった。そんな中このアルバムは自分にとっての安心できる場所みたいなもんだった

その夏にODD FUTUREを結成したんだ。自分はほんとにお人好しだったからPharrellの事を信じたんだ。挑戦すれば素晴らしい事をなし得ることができるって思ったんだ。自分が生まれ育った場所では、友人達は行き場を失って、抜け出すこともできなくなってる。刑務所か、死ぬか、クソみたいな仕事を選ぶしかないか…

けど、今や自分は自立した音楽家だ。それはすべてPharrellが言うことを信じたからだよ。自分がどんな人間になれるかっていうことを

長くなっちゃったけど、ハッピーバースデー『In My Mind』!。兄弟や叔父さんや父さんが周りにいたことがないけど、Pharrellはずっと自分が引き寄せられるようなロールモデル的男性であり続けているよ。他人とは違って、自分の考えを信じ続けてさせてくれるPharrellには感謝してる

I WAS 15 ATTENDING SUMMER SCHOOL AT HAWTHORNE HIGH, SPENDING MOST OF MY NIGHTS TRYING TO FIND ANY SNIPPETS OF THE ALBUM ON VARIOUS GERMAN SITES. THEN 7/25/06 CAME. IMM RANGES IN DIFFERENT STYLES AND SOUNDS AND I BELIEVE THATS WHY I GRAVITATED TO IT SO MUCH. THE UPRIGHT BASSLINE ON "CAN I HAVE IT LIKE THAT" OR THE BUCKETS ON "HOW DOES IT FEEL". OFF THE WALL MJ ON "NUMBER 1". I STILL TO THIS DAY DONT THINK I CAN MAKE A SONG BETTER THAN "THAT GIRL". AND "I REALLY LIKE YOU GIRL" IS EASILY THE BEST SONG ON THIS ALBUM WITH YOUR BEST TIMBERLAKE IMPERSONATION AND STEVIE HARMONICA. IMM ALSO INCLUDES "RASPY SHIT" WHICH IS THE WORST SONG IN YOUR DISCOGRAPHY I HATE THAT SONG SO MUCH YOU ARE SO GROSS FOR THAT. BUT THE ONE THAT STOOD OUT WAS "YOU CAN DO IT TOO". THE SADE BASSLINE, THE STRING PAD WITH CHORDS THAT YOU CLAIM ONLY Q-TIP, YOU AND I LIKE, THE JAMIE CULLUM OUTRO! BEING 15 BLACK NOT REALLY "INTERESTED" IN WHAT THE MAJORITY OF MY PEERS WERE INTO, IT MADE ME FEEL SAFE. I WAS OPTIMISTIC, ALWAYS DAYDREAMING AND SETTING GOALS SO I FELT YOU WERE DIRECTLY SPEAKING TO ME. I REMEMBER CLANCY TELLING ME HOW JIMMY IOVINE THOUGHT THIS ALBUM WAS A "COMPLETE FUCKING FAILURE IT DIDNT WORK". BUT SEE, IT DID, JUST NOT ON THE KIDS HE WAS LOOKING AT. THE ONES WHO JUST EXISTED;USED THE POPULAR SLANG;LISTENED TO WHAT WAS THROWN AT THEM;DRESSED IN CLOTHING THAT WAS TRENDING AT THE TIME. NOT SAYING THATS BAD BUT OF COURSE THIS WOULDNT WORK ON THEM. BUT IT WORKED ON ME AND I CREATED ODD FUTURE THAT SAME SUMMER. I WAS ACTUALLY NAIVE ENOUGH TO BELIEVE YOU AND THOUGHT I COULD DO ALL THESE AMAZING THINGS IF I REALLY TRIED. WHERE I GREW UP, NIGGAS GET STUCK AND NEVER MAKE IT OUT. JAIL, DEAD, SHIT JOBS, NOT REALLY GROWING. IT SEEMS LIKE AT A CERTAIN AGE, IDEAS; ORIGINAL THOUGHTS ARE NO LONGER A THING; I DIDNT FALL INTO THAT CYCLE. I'M NOW A YOUNG ENTREPRENEUR ALL BECAUSE I BELIEVED YOU WHEN YOU SAID I COULD BE. YOU WERE THE FIRST PERSON I CONTACTED WHEN I PULLED OFF THAT MCLAREN DEALERSHIP! THIS IS GETTING LONG SO UHHH, HBD IMM. I NEVER HAD BROTHERS,UNCLES OR MY FATHER AROUND SO THANK YOU FOR BEING THE MALE FIGURE I GRAVITATED TO. ALLOWING ME TO EMBRACE BEING DIFFERENT AND TRUSTING MY IDEAS ❤️

A photo posted by Tyler The Creator (@feliciathegoat) on

RELATED

Tyler, The CreatorがTVや人種差別について語る

数多くの映画に出演しながらも、ヒップホップやスケートに造詣が深いことで知られている名優のジョナ・ヒル。そんな彼が監督を務めた映画『Mid90s』は現在アメリカで公開中だが、その映画に出演しているスケーター達が所属しているのがアメリカの西海岸を拠点として活動するスケートクルーIllegal Civilizationだ。

Jaden Smithがまたまた「Tyler, the Creatorと付き合っている」と発言

先月開催されたTyler, the creatorのフェス「Camp Flog Gnaw」に出演して以来、頑なに「Tyler, the Creatorは俺の彼氏だ」と主張し続けているJaden Smith。そんな彼が、またしてもTyler, the Creatorと付き合っている旨の発言を行った。

Jaden SmithがまたもやTyler, the Creatorを自分の彼氏だと主張する

以前「Tyler, the Creatorは俺の彼氏だ」と驚きの発言をしたことが話題となったJaden Smith。ただの冗談だったのかと思いきや、またしても同様の主張を繰り返している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。