Jay Zの新アルバム完成の噂をJermaine Dupriが話す

MUSIC  2016.07.22  FNMNL編集部

アトランタ出身のプロデューサー/アーティストのJermaine Dupriが、長年の友人でありコラボレーターであるJay Zの新アルバムが完成した可能性について話した。

文:辻本秀太郎

先日Jermaine Dupriが出演したPodcast番組"Rap Rader"の収録映像がYoutubeで公開された。

「俺とJayが最初に会ったとき、俺たちはもうとっくに知り合いだったように話したんだ」とDupriはJay Zとの出会いや親密な関係について話した。二人はこの後1998年にDupliの南部サウンドとJey Zのハーレムスタイルが合わさったヒット曲"Money Ain’t A Thang”を発表している。

この動画の中で、二人は現在でも親密で、DupriはJay Zの新しいプロジェクトについて既に知っているということを明かした。この新アルバムにDupriが参加しているか、という問いに対しては首を横に振り、「おそらくアルバムはもう完成しているだろう」と話した。

Jay Z側から新プロジェクトに関する公式のアナウンスはされていないため我々は続報を待つほかないが、ここ最近の動きとしては、Jey Zは今月初めに警官による黒人男性の射殺事件が二件連続で発生した問題を受け、自身がオーナーを務めるTIDAL上で3年ぶりの新曲”Spiritual”を公開している。またこの新曲の発表後、この惨事を受けてのプレイリスト"Songs For Survival”を公開した。24曲からなるプレイリストにはCurtis MayfieldやKendrick Lamar、Kanye West、Outkastなどの楽曲が収められている。こちらはTidalのみの限定公開となっている。

Spiritualの視聴はこちらから

MUSIC

FASHION

CULTURE