Jay Zの新アルバム完成の噂をJermaine Dupriが話す

アトランタ出身のプロデューサー/アーティストのJermaine Dupriが、長年の友人でありコラボレーターであるJay Zの新アルバムが完成した可能性について話した。

文:辻本秀太郎

先日Jermaine Dupriが出演したPodcast番組"Rap Rader"の収録映像がYoutubeで公開された。

「俺とJayが最初に会ったとき、俺たちはもうとっくに知り合いだったように話したんだ」とDupriはJay Zとの出会いや親密な関係について話した。二人はこの後1998年にDupliの南部サウンドとJey Zのハーレムスタイルが合わさったヒット曲"Money Ain’t A Thang”を発表している。

この動画の中で、二人は現在でも親密で、DupriはJay Zの新しいプロジェクトについて既に知っているということを明かした。この新アルバムにDupriが参加しているか、という問いに対しては首を横に振り、「おそらくアルバムはもう完成しているだろう」と話した。

Jay Z側から新プロジェクトに関する公式のアナウンスはされていないため我々は続報を待つほかないが、ここ最近の動きとしては、Jey Zは今月初めに警官による黒人男性の射殺事件が二件連続で発生した問題を受け、自身がオーナーを務めるTIDAL上で3年ぶりの新曲”Spiritual”を公開している。またこの新曲の発表後、この惨事を受けてのプレイリスト"Songs For Survival”を公開した。24曲からなるプレイリストにはCurtis MayfieldやKendrick Lamar、Kanye West、Outkastなどの楽曲が収められている。こちらはTidalのみの限定公開となっている。

Spiritualの視聴はこちらから

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。