グライムをルーツに多様なサウンドを表現する鬼才Swindleが三部作のリリースをアナウンス

グライム育ちの新しいファンク&ジャズの鬼才Swindleが、『A Trilogy in Funk』と題した三部作のリリースをアナウンス、先行曲として"Connecta Ft. Ricardo China"とビデオをプロモ公開した。

文 : 麻芝拓
ブラジル制作の『Connecta』、LA制作のPファンク・プロジェクト『Purple Walls』、ロンドンを拠点にするMCたちとの『Funk & Grime』からなる3つのEPは、まず『Connecta』が8月12日にデジタル・リリース(ヴァイナルは9月12日)。以降、3ヶ月連続でリリースされる見込み。

Mala主宰Deep Medi Musikからリリースされ、彼の名を一躍知らしめることとなった『Long Live The Jazz』(2013)。それを引っさげ世界中を巡り、各地でミュージシャンたちとも交流しながら吸収した成果を素晴らしい形にまとめ上げた『Peace, Love & Music』(2015)でも垣間みることができた、ローカル・サウンドの魅力を彼流に掘り下げた仕上がりとなっているようだ。

Swindle

アートワークは、Swindle名古屋公演のフライヤーも手がけていた、名古屋が世界に誇るデザイナーAGOが全面的に担当。現在サイトで公開されているヴィデオもAGOの手によるものだ。
Swindle『A Trilogy in Funk』プロジェクトは、SwindleとButterzによる共同レーベルAirmilesから発売される。AGOによるビデオと先行曲はSwindleのBandcampでチェックできる

RELATED

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

UKドリルのミュージックビデオが暴力的だとして警察当局の申し立てによりYouTubeから削除される

Chief Keefなどシカゴのラップミュージック=ドリルの影響を受け、UKで独自に進化したUKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されてしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。