PUMAとLimited EdtによるスペシャルモデルDISC BLAZE BY LEが登場

PUMAがシンガポールのスニーカーショップLimited Edtと再びタッグをくんだ。シンガポール独立50周年を記念したPUMA X Limited Edt Blaze of Glory SG50に続き、PUMA DISC Blazeのシルエットを用いたスペシャルモデル2型を明日7/16(土)からリリースする。

Blaze of Glory SG50ではマーライオンとシンガポールという名前の由来がスニーカーという文脈で語られたが、今回リリースされる2型のうちシアンブルーではイギリスとシンガポールの出会いと港湾都市としての発展という近代史にクローズアップ。忙しく船が行きかう航路をモチー フにした透明のDISCダイヤルを採用、アイシーブルーのケージパネルや、ミッドソールに はリフレクターによる斑模様があしらわれている。

DISC BLAZE BY LE

DISC BLAZE BY LE

DISC BLAZE BY LE

プーマシルバーは現代のシンガポールを象徴するコンクリートジャングルを モチーフにしたグレーの濃淡をベースに、熱帯の木々の樹皮を模したパターンをアッパーに さりげなくちりばめシンガポールを形容するに相応しいきらきらとした輝き、清潔感、アーバンといったキーワードを、ミッドソール、トゥガード、ケージパネルに配したリフレクターで表現している。

DISC BLAZE BY LE

DISC BLAZE BY LE

DISC BLAZE BY LE

Blaze of Glory x Limited Edt SG50と同様、シンガポール国旗へのオマージュとして、五つの星がプーマとLimited Edtのロゴと共にヒール部分に表現され、赤と白のカラーリングをタンのタブに採用している。

Limited Edtのマンディープ・チョプラは、「こうしてPUMAと共に、シンガポール の歴史にインスパイアされたスニーカーの第二章と第三章を発表することができてとても嬉 しく思っています。シンガポールの歴史を、私たちなりの解釈とLimited Edtのデザイン哲学 で表現することができた今回のクリエーティブジャーニーには非常に満足しています」と述べている。

Disc Blaze by LEは7月16日(土)より、プーマ取扱のうち限定店舗のみで発売される。

 

PUMA(楽天)

RELATED

Migosがリメイク版『ライオンキング』のハイエナ役に立候補

ディズニーが2019年に公開予定のリメイク版の『ライオンキング』には、Donald GloverやBeyonceなどがメインアクトとして出演することが発表されたが、動物好きのラップグループMigosも出演したいようだ。

PUMAの生み出したクラシック・スニーカー『SUEDE』の進化版『SUEDE IGNITE』

1968年に登場して以来PUMAのクラシックなスニーカーであり、シンボル的な存在の『SUEDE』の進化版『SUEDE IGNITE』が誕生した。

PUMAとspoken words projectのコラボ第3弾『ewohaku(絵を履く)』

PUMAが飛田正浩が手がけるファッションブランドspoken words projectとのコラボスニーカー第3弾を発表した。今回は『ewohaku(絵を履く)』がテーマだ。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。