Anti Social Social Clubが東京を切り取ったZineを100部限定でリリース

Stussyで働くNeek Lurkによる現在のLAの新進ストリートブランドの中でも高い人気をほこるブランド、 。先日原宿のBeams Tにて行われ物議をかもしたAnti Social Social ClubのPop Upで来日を果たしたNeek Lurkと友人のカメラマンであるDECONSTRUCTによる東京を題材にしたZineが100部限定でリリースされることになった。

deconstrct-anti-social-social-club-tokyo-photo-zine-5

deconstrct-anti-social-social-club-tokyo-photo-zine-4

このZineは60ページのフルカラーとなっていて、フィルムカメラで撮られた写真が収録されている。タイトルは『CERULEAN SENTIMENTS』で7/15にhttps://shop.antisocialsocialclub.comだけで発売されるが例のごとく、即完売必至だろう。

RELATED

沖縄初の大型アートブックフェア『BARRAK ART BOOK FAIR 2018』が那覇で開催

沖縄初の大型アートブックフェア『BARRAK ART BOOK FAIR 2018』が、沖縄の新たなストリートシーンとして注目を集める沖縄県・那覇市BARRAKのビル一棟全体を会場として、10/19(金)から10/21(日)まで開催される。

BlackEyePatchがTokyo Art Book Fairのタイミングで製作した2種類のZineを販売開始

AMAZONが開催したAT TOKYOに参加した、”東京”をアイデンティティーとするブランドBlackEyePatchが、先日のTokyo Art Book Fairで製作した2種類のZineを販売する。

スケーターとZineをテーマにした展覧会『NO SHITTY ADS』が開催

80年代初頭、スケートボードのセカンドウェーブが終わりを迎え、スケートパークも次々に閉鎖され、豪華フルカラーのスケートボード雑誌も廃刊の憂き目にあっていた時代。安価な紙を用いた『Thrasher Skateboard Magazine』が創刊、Thrasher誌も読者に、自分たちでZineを作ることを奨励していった。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。