DrakeとMeek Millによるビーフが起こった原因はあの人気DJ?!

MUSIC  2016.07.13  FNMNL編集部

昨年アメリカのヒップホップシーンで印象的な出来事の1つだった、DrakeとMeek Millのビーフ。インターネット上などではDrakeの勝利として終わり現在のDrake人気の盤石さを感じさせられたが、その発端となった出来事についてあの人気DJが語った。

その人物とはDJ Dramaだ。自身の新作のプロモーションとしてラジオ局Hot'97の番組に出演した彼は、DrakeとMeek Millのビーフで自身がどんな役割を果たしたかを語った。

それはまずMeek Millのアルバムに収録されているDrakeをフィーチャーした曲"R.I.C.O."でDrakeが発したライン"the girl of your dreams to me is probably not a challenge." をMeek Millが以前自身がツイートした内容とかぶっているのをディスされたと考えたことに発する。

 

それに対してDramaはMeek Millをなだめるつもりで、「Drakeはお前をディスってなんかないよ、彼には技術的にあのラインは無理だ」とDrakeがあのバースを書いていないと伝えたが、それにさらに興奮してしまったMeek MillはTwitter上でDrakeにはゴーストライターがいると明かしてしまい、結局はビーフに発展してしまったのだ。

まさにDramaは火に油を注いだわけだが、「大げさにMeek Millに伝えてしまった」ことを番組内で認めている。しかしDramaはそれ以上の役割をこのビーフで果たしていることに関してはキッパリと否定している。そのHot'97の番組は下記で見ることができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE