DrakeとMeek Millによるビーフが起こった原因はあの人気DJ?!

昨年アメリカのヒップホップシーンで印象的な出来事の1つだった、DrakeとMeek Millのビーフ。インターネット上などではDrakeの勝利として終わり現在のDrake人気の盤石さを感じさせられたが、その発端となった出来事についてあの人気DJが語った。

その人物とはDJ Dramaだ。自身の新作のプロモーションとしてラジオ局Hot'97の番組に出演した彼は、DrakeとMeek Millのビーフで自身がどんな役割を果たしたかを語った。

それはまずMeek Millのアルバムに収録されているDrakeをフィーチャーした曲"R.I.C.O."でDrakeが発したライン"the girl of your dreams to me is probably not a challenge." をMeek Millが以前自身がツイートした内容とかぶっているのをディスされたと考えたことに発する。

 

それに対してDramaはMeek Millをなだめるつもりで、「Drakeはお前をディスってなんかないよ、彼には技術的にあのラインは無理だ」とDrakeがあのバースを書いていないと伝えたが、それにさらに興奮してしまったMeek MillはTwitter上でDrakeにはゴーストライターがいると明かしてしまい、結局はビーフに発展してしまったのだ。

まさにDramaは火に油を注いだわけだが、「大げさにMeek Millに伝えてしまった」ことを番組内で認めている。しかしDramaはそれ以上の役割をこのビーフで果たしていることに関してはキッパリと否定している。そのHot'97の番組は下記で見ることができる。

RELATED

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.1 | Drakeが愛し愛される街

2016年に発売されたDrakeの4thアルバム『Views』に収録されている"9"という楽曲。1ヴァース目の最後に、こんな歌詞があります。

MigosのQuavoがソロアルバムをリリース | Travis Scott、Drake、Cardi B、Madonnaなどが参加

グループでの活動と並行していて、ソロ曲のリリースも行っていたMigosのQuavoがソロアルバム『QUAVO HUNCHO』を本日リリースした。

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。