投票率をあげよう!米有名フェスが参加者に選挙を学ぶブースを提供

アメリカの音楽批評サイトのPitchforkが毎年開催する音楽フェスティバル「The annual Pitchfork Music Festival」にて、来場者の政治参加を促すプラットフォームが設置されることが発表された。

Pitchforkは公共のイシューについてのリサーチや教育を行うイリノイ州の無党派NPO「Public Action Foundation」と協力し、若者らに選挙登録を促し、投票に必要な情報を学ぶ機会を提供する予定だ。シカゴ在住の若者らの政治的意識を高め、政治的参加を増やすことを目的としている。

プロジェクトの目標として7月15日から17日の3日間のフェスティバルを通じて、大統領選挙のための選挙登録をできるだけ多く行ってもらおうと考えている。そのためにPitchforkは、選挙登録のためのブースをフェス会場に設置し。また、プロジェクトのためのボランティアは無料でフェスに入場できる。ちなみに3日間の通しチケットは165ドル、一日券は65ドル。

Pitchfork Music Festival ChicagoにはFKA twigs、Jeremih、Kamasi Washingtonらが出演予定。

日本では参議院選挙が終わり、10代の投票率の低さが浮き彫りになったが、日本でもこういう形で選挙や政治を学ぶ機会があってもよいのではないか。
Pitchfork Music Festival http://pitchforkmusicfestival.com/

RELATED

スペインで行われたフェスでラッパーが煽ったことが原因で遊歩道が崩落し300人以上が負傷

先日、FNMNLではアメリカで開催されたフェスLollapaloozaでのLil Pumpのライブが危険と判断され、予定より早く打ち切られたというニュースを取り上げた。

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

史上最悪のフェス『Fyre Festival』のドキュメンタリーがHuluで2019年に放送決定

昨年4月末から5月にかけて2週間連続で、バハマで開催される予定だった『Fyre Festival』をご存知だろうか。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。