デトロイトのナイトクラブPopulux、人種差別の論争の最中に閉鎖

2015年の4月に、テクノや数々のすばらしい音楽を発信するベニューとしてオープンしたpopuluxのTwitterアカウントが「#fuckblacklivesmatter」(black lives matter 運動に対しての挑発と取れる発言)というツイートを投稿し、その後閉鎖した。

文:Tomomi Sonoo

キャッシュマネーレコードの創立者、Birdmanのパロディが含まれるこのツイートが投稿されたのは、ダラス市警が警護をしていた平和的なデモの最中に起きた卑劣な銃撃事件の後だった。

「#オバマの責任だ、お前のその間抜けな自由主義がこの死を起こした。#ダラス銃撃」

さらにこのアカウントでは「10人の警官が撃たれた。オバマ、お前がやった。お前のこの自由主義のせいだ。お前が#BLMをやったんだ。今こそ俺達の警察を守るときだ、立ち上がろう。」と政治家のジョーウォルシュがツイートしその後削除された、ラジオでの会話もリツイートされた。

Detroit Newsによると、このクラブは、このアカウントがハッキングされたと話し、どのようにしてこの一件が起きたのか調査する為「最低でも一週間」閉鎖するとした。

ラッパーのVic Mensaがこのクラブでのショーをキャンセル、またOWSLA所属のBixel Boysもショーをキャンセルした事により、この出来事が注目される事となった。

populuxも含まれるmajestic theater complexの広報担当、Greg Bowenはデトロイトニュースに向け「人々は出来ることをやっている、このような事は二度と起きないだろう…我々は怒り、またこの出来事に対し愕然としている」と話した。

ツイッターアカウントと共に無効になっているこのクラブのフェイスブックページには、

populuxはblack lives matterに団結する、と投稿されている。

RELATED

学生がアップした人種差別的な曲が問題となり教育委員会が調査に乗り出す

人種差別的な内容を含んだラップ楽曲が、アメリカのメリーランド州の中高生によって発見され問題となり、ついに教育委員会が調査に乗り出したとWBOCが伝えている。

Lil Pumpによるアジア人差別発言を受けて中国のラッパーが続々とディス曲を発表

先日Lil PumpがTwitter上でプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するようなリリックと「Ching Chong」というアドリブが含まれていることが問題となっている。日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがこの件に対してリアクションを行なったことも取り上げたが、中国からはラッパーたちによってLil Pumpのディス曲が続々と発表されている。

Lil Pumpが新曲でアジア人差別をしたとして批判を浴びる

ヒップホップにおけるポリティカリーコレクトネスの議論が盛んになった昨今だが、未だにこのようなケースが発生してしまうようだ。Lil Pumpが昨日Twitterにてプレビューした新曲“Butterfly Doors”に、アジア人を侮辱するような歌詞が含まれているとして問題になっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。