Gucci Maneの新作『 Everybody Looking』の制作期間はわずか1週間弱

出獄後に精力的な活動を続け、最新アルバム『 Everybody Looking』を7/22にリリースすることが発表されたアトランタのラッパー、Gucci Mane。そのアルバムの制作には1週間程度しかかからなかったことが明かされた。

これはGucci Maneの盟友であるプロデューサーのZaytovenがXXLのインタビューで明かしたもの。Zaytovenは「刑務所に入る前のGucciと今のGucciは集中力が違う」と述べた上でアルバム全ての制作には1週間弱しかかかっていないことを明かし、「彼は出獄前に全ての歌詞をすでに書いていたし、Mike Will Made Itと自分はすでに全てのビートを作っていた、(中略)だからレコーディングはとても簡単だったよ」と話している。

またすでにGucci Maneは新たな3つのプロジェクトを手がけており、それは全てコラボレーションプロジェクトになるとのことだ。その相手はZaytoven曰くDrake、Young Thug、FutureでYoung Thugはすでに楽曲をレコーディング済みで、Drakeとのコラボについてもどのような形にするか話し合っているところだ。そしてこれからFutureとの作品を具体化させていくようでGucciのおそろしいハードワークぶりがすでに発揮されている。

Gucci Maneの新作『 Everybody Looking』はすでにトラックリストが公開されていて、こちらにはKanye WestとYoung Thugがゲストで参加する。

RELATED

Futureの最新作『Future Hndrxx Presents: The WIZRD』がリリース

Zaytovenとの『Beast Mode 2』そしてJuice WRLDとの『WRLD ON DRUGS』に続くFutureソロでの待望のニューアルバム『The WIZRD』が今日リリースされた。

Futureがリーンをやめたことを「誰にも話したくない」と語る

ラッパーにとってリーンをやめることは難しい。Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と発言していたように、一度リーンを辞めたと公表しても時間が経つとまたリーンに走ってしまうラッパーも少なくない。そんな中、最新作『The WZRD』のリリースを控えており、リーンをテーマにした楽曲を数多く作ってきたFutureがリーンをやめることについて語っている。

Futureが「2018年は疲れて活動の勢いが落ちた」と明かす

Zaytovenとのアルバム『Beast Mode 2』やJuice WRLDとの『WRLD ON DRUGS』などの作品をリリースし、昨年もさすがの存在感を発揮し続けたFuture。しかし本人にとって2018年は「今までよりも静かな年」だったそうで、活動の勢いが落ちてしまった理由を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。