Sete Records Instagram

ヒュンダイグループがソウルにレコードストアをオープン。地元レコード店からは批判の声も

MUSIC  2016.07.07  FNMNL編集部

先月ソウルの梨泰院にオープンした2階建てのおしゃれなレコードストア Vinyl & Plastic。しかし地元レコードショップやファンたちから経営方法に対して批判の声が上がった。

ヒュンダイグループの関連会社、クレジットカード会社のヒュンダイカードは、6月10日にソウルのファッショナブルなエリア、梨泰院(イテウォン)に4000枚のレコードと8000枚のCDを揃えたVinyl & Plasticをオープンさせた。

店内にはターンテーブルや試聴機が備え付けられており、来客者は自由に音楽を楽しむことができる。また、LPアルバムを購入する際にヒュンダイカードを利用して支払うと破格の20〜30%のディスカウントを受けることができる。ヒュンダイカードは音楽や文化に関する施設を近年多くオープンさせており、10000枚のレア盤を保存するという「Music Library」プロジェクトやUnderstageというコンサートホールを運営している。

レコードブームを後押しするような大企業のプロジェクトは一日に4000人の来場客を記録するなど、ひとまずは成功しているように見える。しかしVinyl & Plasticは現在、地元レコードストアや音楽ファンからの批判にさらされている。レコードショップオーナーやファンたちはVinyl & Plasticの経営方針などに抗議するため、プラカードを持ち店の前に立ち抗議した。

レコードストアのオーナーたちで結成されたグループらの批判を要約すると、1、レコード市場は大変小さく、小さな個人経営のレコードショップによって成立している。経済的な体力がある大企業が参入すると個人経営のレコードショップは廃業を余儀なくされてしまう。2、ヒュンダイカードを利用して買い物すると大幅な値引き受けることができるが、そういう不当な値引きをは地元レコードストアとの公平な競争を阻害している。といったものである。

この抗議を受けてVinyl & Plasticは地元レコードストアとの「平和的な共存」のために、中古レコードの販売を取り止め、地元レコードストアのマップを作成し、公開した。

地元レコードストアのオーナーたちで結成された協会のリーダーは「レコードショップというのは音楽に情熱を傾けてきた専門家たちによって運営されている。生計を立てることのできる売上なんてほとんどない。僕たちはお金を稼ぐためにレコードを売っているのではない。けど、Vinyl & Plasticは利益を得るためにレコードショップを経営している」と地元メディアに語った。

via Indie record shop owners oppose large Itaewon music store

MUSIC

FASHION

CULTURE