DressMe!、自分の写真でバーチャル試着ができるスマートフォンアプリ登場

凸版印刷株式会社とデジタルファッション株式会社が共同開発したスマートフォン向けアプリDressMe!™(ドレスミー)を用いた販促サービスの提供を6月中旬からスタートする。

DressMe!はスマートフォン上で自分自身の全身写真にファッションアイテムの画像を合成することで、自分の姿でファッションコーディネートの確認ができる。またファッションアイテムの提供企業が運営するECサイトとも連動可能なため、気に入ったアイテムはその場で購入することも可能。

image1dm
Via 凸版印刷

またさらにユーザー自身が保有するアイテムも登録可能なので、手持ちのアイテムとのコーディネートも確認ができる。ファッション業界においてもインターネット上でのショッピングが普及しつつありますが、実際に着た際のイメージが掴みづらいという課題に応えるアプリになっていくのは間違いなさそう。

RELATED

アプリ『Google Arts and Culture』がアップデートされ自分の写真と似てるアート作品を教えてくれる機能が追加

世界の美術館などの所蔵作品をiOSやアンドロイド上で鑑賞できるアプリ『Google Arts and Culture』。2016年にリリースされたこのアプリに、この度新機能が追加された。

近くにいるプロのカメラマンを呼び出し記念写真を頼めるアプリ『ElsiePic』

自撮りで友達みんなを写真内に収めるのはとてもむずかしい。観光地などでは集合写真を撮影する際に、近くにいる他人にカメラを手渡し撮ってもらう人が多いと思うが、それをスマホで行えるアプリが登場した。『ElsiePic』は集合写真を撮ってもらうために、近くにいるカメラマンを探し出せるアプリだ。

二日酔い予防のために「水を飲め」としつこく通知してくれるアプリ『Hydrate Now』

健康でいるための秘訣は水をたくさん飲むこと。特にたくさんアルコールを摂取した際は、水を多く飲むことで二日酔いを避けることができる。『Hydrate Now』はあなたに、水を飲むようにしつこいほどリマインドし、二日酔い予防してくれるアプリである。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。