韓国のトップラッパーOkasianがKZNに改名?新曲”됐다쳐”を公開

Keith ApeやJay Alldayが所属する韓国のアンダーグラウンドシーンで絶大な支持をほこるクルー、The Cohortの中心人物で同国のラップで最も先鋭的といわれるラッパーのOkasianがKZNに表記を変更して新曲”됐다쳐”を自身のSoundCloudページで公開した

GAKAというプロデューサーによるミニマルでチルなテイストもあるビートに淡々としつつも鋭いフロウを重ねていく相変わらず冴え渡るフロウがクールなトラックになっている。またOkasianは昨日公開された、The CohortのメンバーであるMatiaの”₩ave Awayy”にも客演をおこなっている。

 

RELATED

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

Keith Apeが“It G Ma”の大ヒットによって頭が混乱した過去を明かす

今月の半ばに初のソロEP『Born Again』を発表したKeith Ape。Keith Apeといえば2015年のシングル“It G Ma”の世界的に大ヒットによって知名度を上げたラッパーだが、同曲がヒットしたことによって彼自身の頭が混乱してしまったことをXXLのメールインタビューに対して明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。