Chance The Rapperの最新作『Coloring Books』が快挙を達成へ

先日もAppleは音楽ダウンロードサービスiTunesの閉鎖を検討中という報道が出るなど、大きな変動の時期を迎えている音楽業界だが、その変動をさらに印象付けるニュースが舞い込んできた。

それはChance The Rapperが先週リリースした最新ミックステープ『Coloring Book』が史上初めてストリームだけでビルボードチャートTop10にランクインされるだろうというものだ。同作は現在Apple Musicのストリームだけでオフィシャルリリースされているが、セールスにして4万枚〜5万枚と同等のストリーム再生回数を記録し、これは次のビルボードアルバムチャートのTop10には十分ランクインされる値ということだ。

RELATED

Chance The Rapperが支持を表明したAmara Enyiaのシカゴ市長選活動に40万ドルを寄付

昨年、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を明らかにしたことに対し、喜びを露わにするとともに次の市長選の立候補者Amara Enyia氏の支持を表明したChance The Rapper。

A Boogie Wit Da Hoodieのアルバム『HOODIE SZN』が僅か823ダウンロードにも関わらず全米チャート1位に輝く

音楽を聴く手段としてストリーミングサービスを利用することが一般的になって久しい。iTunes等で楽曲を購入しダウンロードする人も少なくなって来た今日この頃だが、いよいよ音楽ダウンロード時代の終わりを予感させるニュースが飛び込んで来た。

Chance The Rapperが『セサミストリート』に出演しクッキーモンスターとクッキーを奪い合う

アメリカの長寿子供向け番組『セサミストリート』にChance The Rapperが出演した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。