Mark Pritchard初の本名名義作『Under The Sun』が本日リリース

MUSIC  2016.05.13  FNMNL編集部

90年代初頭より、幾多の名義やユニットを通して、エレクトロニック・ミュージック・シーンの進化を体現してきたMark Pritchardの初の本名名義作であり、集大成的アルバム『Under The Sun』がついにリリースされた。

今作はデジタル処理に頼らないタイムレスなプロダクションやミキシング」をテーマに独特で情緒溢れるサウンドスケープを追求し、先行曲でのThom Yorkeの参加などで発売前から話題となっていた。またタイトルトラックはジューク的なボトムスをベースに大女優Julie Andrewsの声ネタをヒプノティックに使用したドープなトラックに仕上がっているなど、これまで培ってきた経験が前面にでた内容となっている。アルバム『Under The Sun』はこちらから購入できる。

MUSIC

FASHION

CULTURE