Ghost Town DJ’sの20年前のヒットチューンがビルボードチャート入り

Ghost Town DJsが1996年にはなったビッグチューン”My Boo”最近でもCiaraの”Body Party”でサンプリングされるなど時代を超えて愛されている同曲の人気が再燃している。

ニュージャージーの二人の学生Kevin VincentとJeremiah Hallがスタートしたthe Running Man Challengeという現在バズが巻き起こっているバイラルムーブメントで”My Boo”がつかわれていることがきっかけでビルボードチャートに再びランクインされたということだ。ビルボードによれば、同曲は1億2300万回ストリーム再生されており、これは通常時147%増しの記録となっている。現在My Booはビルボードチャート29位にランクインしており、96年のリリース時の記録31位を抜いており、今後どこまでランクを上げるかが注目される。

RELATED

Lil Uzi Vertの『Luv Is Rage 2』が最新のビルボードアルバムチャートで初登場1位を獲得 | 2位はXXXTentacionがランクイン

最新のビルボードアルバムチャートが発表され、Lil Uzi Vertのデビューアルバム『Luv Is Rage 2』が初登場1位を獲得した。

8年間続いたDrakeのビルボードシングルチャート入りがついに途切れる

偉業が一つ終わった。Drakeが8年以上に渡って継続してきたBillboard Hot 100チャート(シングルチャート)入りが、ついに今週途切れてしまったとBillboardが伝えている。

Cardi Bの"Bodak Yellow"が大ヒット中 | 女性ラッパーとしては2014年以来の高順位に

リアリティ番組『Love And Hip Hop: New York』で注目を集めた元ストリッパーのラッパーCardi Bの、最新シングル"Bodak Yellow"がビルボード・チャートを急上昇している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。