Obey City最新リミックスEPからSeihoによるリミックスが先行公開

NYを拠点にするビートメーカーのObey Cityが昨年リリースしたEPのリミックスバージョン『Merlot Sounds: Alternative Versions』を5/11にLuckyMeからリリースされることが発表され、そこから先行公開で"With Grace We Go"のSeihoによるリミックスがSoundcloudにアップされた。

Obey CityとSeihoはObey Cityの来日時にツアーを回ったこともあり、スプリットEP『Shochu Sounds』もそのときにリリースしている。今回のリミックスは艶っぽいObey Cityによるオリジナルへリキッドでセクシーなテイストを加え柔らかいタッチのビートがスパイスを効かせているものになっている。『Merlot Sounds: Alternative Versions』には他にJensen Sportag、S-Type、Hi Tom、Deebsがリミキサーとして参加する。

RELATED

りんご音楽祭のキックオフパーティー名古屋編にSeiho、Campanella、RAMZAなど20組が出演

昨年の9月末に開催することが発表となった「りんご音楽祭2019」のキックオフパーティーが、5 月18 日(土)に名古屋で開催されることが発表。3月12日より前売りチケットの販売が開始された。

『RGB』をテーマにした展覧会場での一夜限りのブロックパーティにSeihoやShhhhh、YOSHIROTTENなどが出演

3/11(月)までラフォーレミュージアム原宿にて開催中の展覧会『PHENOMENON: RGB』。

高さ50mの断崖絶壁を背にアーティストが集結する『岩壁音楽祭』にLicaxxx、mabanua、Seihoら出演決定

古来より命がけで切り拓かれた岩壁に、現代の音楽とプロジェクションマッピングを掛け合わせることで、アーティストたちの新たな可能性を提示する新野外音楽フェス『岩壁音楽祭』が5月25日に山形県・瓜割石庭公園にて開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。