Beats By Dreが監修したAnderson .Paakのミニドキュメンタリーが公開

Dr. Dreのフックアップにより一気に時の人となったシンガーのAnderson .Paak。先日開催されたCoachellaでの2週目のステージではKendrick LamarとDreが登場し話題を呼んだがDreとのリハーサルの模様を捉えたミニドキュメンタリーがYoutubeに公開された。

約5分のこの動画では、PaakがバックバンドのThe Free Nationalsと練習をする模様や、Dreを交えたリハーサルを行っているシーンが映し出されている。Coachella本番ではPaakはDreを迎えクラシックチューン”Still Dre”と”California Love”をKendrick Lamarとは”Backseat Freestyle”をパフォーマンスした。

RELATED

Beats by Dreと藤原ヒロシによるPOP UP『the VINYL』が来週開催 | MUROやIO、DJ DARUMA、VERDYなどが参加

Beats by Dr. Dreと藤原ヒロシがコラボレーションし、音楽を聴くことの楽しさを体験できるPOP UPイベント『the VINYL』を、11/23(金・祝)から11/25(日)まで東京・原宿のTHE FLATで開催する。

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。