Mixmagが、あらゆる差別的なコメントに対して厳しい措置を取ることを表明

MUSIC  2016.04.26  FNMNL編集部

先週の金曜日、MixmagのウイークリーDJショー"in The Lab"中に、出演者に多数のセクシスト的コメントが寄せられた。それを受けてMixmagは「そのような差別的コメントを許さない」と、断固とした措置を取ることを発表した。

Mixmagが差別根絶のために新しい取り組みを開始

Mixmag誌は、毎週金曜日にイギリス、アメリカ、オーストラリアのスタジオからライブストリーミングでDJショーケース”in The Lab”を放送している。オンラインだけではなく、スタジオは50人ほどのオーディエンスを収容できるようになっており、Boiler RoomやDommuneのようなライブ感のある番組を無料で提供している。

先週金曜日はBBC 1Xtraにてレギュラー番組を持つ、ロンドン在住のベース/グライムDJのBarely Legalがin The Labに出演し、彼女らしい、身体に直接響かせるようなベースが効いたクロスオーバーなスタイルを披露した。

しかし、悲しいことに、その放送へのコメントの中で、一部の視聴者たちが彼女の容姿に対するコメントを投稿。そのことを問題視したMixmagはすぐさま、それらのコメントや視聴者に対して声明を発表した。

 

Every Friday we live stream DJs from our offices in the UK, USA and Australia and the experience online and IRL is...

Mixmagさんの投稿 2016年4月25日

私たちはいかなる種類の差別も許さない。私たちは、ダンスミュージックシーンは可能な限り、包摂的で多様であるべきと信じるし、シーンがそうなるように行動していくということを覚えておいてほしい。差別的なコメントは削除するし、そのような視聴者を報告したり、出入り禁止するという対処を取ることもある。セクシスト的コメントを行った人たちへ。時間を取って、今日のダンスミュージックがあるのは無数の女性たちのおかげであるということを学んでください。

 

Barely LegalはTwitterにて、「ネットでのコメントはジョークこえてるわ。まだそんなコメントってあるんだね。太っててごめんねー。わたしの体重へのコメントありがとう。けど私は平均体重だから、そのコメントは、全部私の音楽がFATってことね」とコメントした。

オンライン上でのハラスメントが後を絶たないが、MixmagとBarely Legalの姿勢には学ぶところがたくさんある。

彼女の1時間のライブミックスは以下から視聴できる。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE