米大統領警備機関のシークレットサービスがYGに接触か

ミュージックビデオの収録がロス警察によって解散させられるなど、曲自体のみならず、様々な波紋を投げかけてきたYGとNipsey Hussleの”FDT”は、米シークレットサービスの接触まで招いてしまった。

Donald TrumpをディスしたYGに当局が接触

アメリカの大統領を警護・警備するシークレットサービスが、ドナルド・トランプを激烈にDisしたYGに接触。問題曲”FDT”を次のアルバムに入れないようにと要請してきた、とTMZのインタビューにてYGが明かした。

YGはビデオの中で「シークレットサービスは自分が曲でやったことの大事なポイントを分かっていない、おれはもっと若い人のモチベーションを高めて、政治に関わってほしいと願っている」と語った。

そのYGとNipsey HussleのMVについての記事はこちら

RELATED

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

Kanye Westがトランプ大統領をホワイトハウスに訪問か

TwitterやInstagramのアカウントを消去し、新作の制作モードへ集中していくとみられていたKanye Westだが、どうやらKanyeのお騒がせ行動は止むことはなさそうだ。

Fat Joeがハリケーンマリアの犠牲者に対するトランプ大統領の発言を批判

以前より反トランプの立場を取ってきたニューヨーク出身のベテランラッパーFat Joeが、昨年プエルトリコとドミニカを襲ったハリケーンマリアにの死者数についてトランプ大統領が異議を唱えた一件を批判している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。