男子学生が偽物のYeezy Boostsを意中の相手にプレゼントしてしまうハプニング

毎年4月、アメリカにはPromの季節がやってくる。高校卒業を間近に控えた学生たちは、Promと呼ばれるダンスパーティにカップルで参加するために、お相手を探すために四苦八苦している。男の子は意中の女の子をダンスにどうやって誘おうか、女の子はどうやって返事しようか、と甘酸っぱい悩みで頭が一杯だ。

高校生以外の人たちも、この”Promposal”(プロムとプロポーズの造語)を毎年楽しみにしている。彼らも学校の外から、Youtubeにアップされるサプライズ告白ビデオを見たり、Twitterに投稿される「告白されました!」というツイートを見付けては、あーだこうだ言うのが毎年恒例になっている。今年もPromposalをウォッチしている人たちの期待を裏切らない画像がRedditに投稿され、話題となっている。

その話は、ある男子学生が意中の相手にプレゼントを渡して告白する、というありきたりなストーリーなのだが、そのプレゼントはひと味違っていた。驚くべきことに、その男子学生は、Kanye Westとadidas originalsがコラボレーションして制作したYeezy Boosts 350sを女の子にプレゼントしたのだ。Yeezy Boosts 350は、発売当時、定価200ドル、日本では税抜き28000円で販売されたものの、現在は新品が10万円以上で取引されているレア物。

彼女の気を引いたのはそれだけではない。Yeezyの外箱の蓋の裏側に”Prom would be Yeezy with you by my side…Prom?(僕の横に君が居てくれたら、Promなんて楽勝だよ。Prom?)”と、軽く韻を踏んだ愛のメッセージを仕込んでいた。これでは彼女が舞い上がるのも仕方ない。男子学生がYeezy Boosts 350と愛のメッセージ付きの箱を持つ画像を、Twitterに”Unreal(ありえねー)”とコメント付きでアップした。

しかし喜んだのもつかの間、ある正直者で気を利かせたTwitterのユーザーが、そのYeezy Boostsが偽物であることを証明する画像を彼女に送り、彼女にそれが偽物であることを知らせてしまった。その後、彼と彼女がどうなったかは明らかにされていない。

その一連のやり取りを見たウォッチャーたちは「それもそのはずYeezy Boosts 350がいくらすると思ってるんだ」と呆れてみたり、「箱もジョーダンのやつじゃねーか」と指摘したり、「おれもPromの時、ガールフレンドに数万円使ったよ」と自分の思い出を語ったりしている。

今年の夏、adidasからYeezy Boost 750の新色が発売されると噂されているが、次こそ意中の相手に本物のYeezyをプレゼントして、恋を実らせてほしい。

Adidas Originals(楽天)

RELATED

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

Kanye Westのゴーストライターを務めたPardison Fontaineが、自身をゴーストライターだと暴露したKanyeに対して怒りを見せる

ラッパーがゴーストライターを雇うことは現在のラップシーンにおいて珍しいことではない。Kanye WestやCardi Bがゴーストライターを雇っていることは広く知られているが、その両名のリリックを書いた経験もあるラッパーPardison FontaineのインタビューがGQにて公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。