YGとNipsey Hussleの"FDT" (Fuck Donald Trump) のミュージックビデオが公開

西海岸のラッパー、YGとNipsey Hussleがチームアップして共和党の大統領候補Donald Trumpのディスしたことで話題となっている"FDT”のミュージックビデオがYoutubeで公開された。

このミュージックビデオをめぐってはLA警察が撮影を途中で中止させたのが話題になっている。ビデオの冒頭に映し出されるメッセージでYGとNipsey Hussleは「若者が未来のアメリカに興味をもつきっかけとして、おれたちは知性を磨いて、誰がおれたちを賢明に導いてくれるかを選ばなきゃいけないんだ。2016年はこの国の歴史がどっちの方向に進んでいくかの大きな転換点になる」と書いている。そして撮影が中止されたというニュースが冒頭で流れ、Fuck Donald Trumpのサインをかかげ、グラフィティーを描き、メッセージTシャツをきた人々がフックで中指を突き立てている。またTrumpがメキシコとアメリカの国境に壁を作るという発言をしたことをうけ星条旗とともにメキシコの国旗も掲げられている。

 

RELATED

Fat Joeがハリケーンマリアの犠牲者に対するトランプ大統領の発言を批判

以前より反トランプの立場を取ってきたニューヨーク出身のベテランラッパーFat Joeが、昨年プエルトリコとドミニカを襲ったハリケーンマリアにの死者数についてトランプ大統領が異議を唱えた一件を批判している。

トランプ大統領を標的にしたマイケル・ムーアの最新作『華氏119』の予告編が解禁

ドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアが、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプをターゲットにした最新作『華氏119』。11/2(金)にTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される本作の予告編映像が公開となった。

マイケル・ムーア監督がトランプ大統領に挑む新作『華氏119』が緊急公開決定

ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円の問題作にして大ヒット作『華氏911』をはじめ、銃社会アメリカの実態を『ボウリング・フォー・コロンバイン』などで知られるドキュメンタリー監督マイケル・ムーア。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。