M.I.A.がH&Mのキャンペーンミュージック・ビデオ”REWEAR IT”に出演

M.I.A.がH&Mとタッグを組み、H&Mの古着回収プロジェクトの"REWEAR IT”に曲を提供し、ミュージックビデオに出演した。2013年から始まったこのH&Mのキャンペーンは、ブランドを問わず古着をリサイクルするプロジェクト。H&Mは、世界3600のストアで古着を回収し、新しい服に再生して販売している。

M.I.Aをプロジェクトに迎えてキャンペーンを展開するH&Mのサステナビリティ部門の担当者のAnna Geddaは「M.I.Aは、素晴らしいアーティストというだけでなく、サステナビリティや環境問題にも強い関心を持っている」とコラボレーションの理由を説明する。Anna Geddaの言葉通り、M.I.Aは「もしH&Mがやってることがきっかけで、他のハイストリートブランドが環境に配慮したり、もっと意識的になったらいいと思うし、もしこのキャンペーンのせいでH&Mの生産プロセスや工場運営が批判されたりしたとしても、それはどちらにせよいいことだと思う。こういうことももっと表立って話しなきゃいけないし、あちこちでやらなきゃいけない」とVOGUE誌のインタビューで語った。

 

H&M(楽天)

RELATED

H&Mが正式にグラフィティ・アーティストに対する訴訟を取り下げるもアーティスト側が逆にH&Mへの訴訟を検討中

先週大きな話題となったH&Mが、グラフィティアーティストなどのストリートアート作品は、著作権法の適用外だと訴えた裁判。

H&Mがストリートアートは著作権法の運用外と訴えた裁判を取り下げると発表

昨日H&MがグラフィティアーティストのREVOKを相手取り、グラフィティやストリートアートなど、公の場所などに無許可で制作された作品は著作権法の適用外だとNYの連邦裁判所に訴訟を起こした一件を伝えた。

H&Mが無許可のストリートアートやグラフィティは著作権法の適用外であり企業やブランドは自由に使用可能と訴訟をおこす

先日ニューヨークのグラフィティ・アーティスト21人が、グラフィティの聖地であるクイーンズ区ロングアイランドシティの倉庫ビル(通称5Pointz)の壁画の取り壊しに関する裁判に勝訴したことを、FNMNLでも伝えた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。