「東京 ー俺のこと、どこで知った?ー」 グライム MC Stormzy の短編ドキュメンタリーが公開

adidas Originals by NIGO®のキャンペーンで、今年1月に初の来日公演を果たした UK を代表するグライム MC、Stomzy (ストームジー)の特別ドキュメンタリー『Where Do You Know Me From?』が公開された。映像は7分ほどの短いのもので、東京で撮影された彼の最新ビデオ「One Take Freestyle」のオフショットやライブ公演の様子などが収録されている。

南ロンドン出身、90年代生まれのStormzyは、昨年秋に発表されたadidas Originals by NIGO®のルックブックに起用され、今年の1月にキャンペーンの一環として急遽来日。渋谷にあるCIRCUS Tokyoにて、日本の同世代トラックメイカー / DJらとともに1日限りの来日公演を果たした。

昨年秋、adidasとNIGO®が再びタッグを組み、日本人デザイナーのユニークな視点を通したコラボレーションコレクションadidas Originals by NIGO®を発表。NIGO本人のラブコールによりStormzyがルックブックのモデルとして起用された。StormzyとNIGOは、本コラボレーション以前から互いをリスペクトし合っており、NIGOは「ヒップホップ本来の姿をStormzyの中に見いだした」 とまで語っている。Stormzyもまた「NIGOがデザインしたadidasのトラックスーツは特別だ」と公言するとともに、"Nigo Duppy"というNIGOをフィーチャーした1分弱のフリースタイル・ラップ映像も公開している。

ドキュメンタリー『Where Do You Know Me From?』では、StormzyとNIGOが今回のタッグについて互いの思いを語っており、さらにStormzyは東京の街をさまよいながら「俺はここに遊びにきたんじゃない、仕事をしにきた、ビッグになりたいんだ」と音楽に対して真剣な、熱い思いも語っている。また、ドキュメンタリーの終盤には大盛況に終わった来日公演の様子も映されている。

 

RELATED

Stormzyがケンブリッジ大学のアフリカ系学生が対象の奨学金を設立

UKの人気ラッパーStormzyが、ケンブリッジ大学の学生を対象に奨学金を設立したことが明らかになった。

Stormzyがライブでイギリス政府を批判

先週末にロンドンで行われたWireless Festival。様々なヒップホップアーティストがライブを行い、大きな盛り上がりをみせた。

Stormzyが若い作家が本を出版できるように出版レーベルを立ち上げる

グライムの代表的なアーティストの一人であるStormzyが、今回新たな出版のレーベルを立ち上げることを明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。