Kanye West最新作『TLOP』に5曲も参加しているDJ Dodger Stadiumとは?!

2015年はじめに名作『Stand Up And Speak(スタンド・アップ・アンド・スピーク))』をリリースしたのが記憶に新しい、LAのベテランDJユニットDJ Dodger Stadium(DJドジャー・スタジアム)が、Kanye West(カニエ・ウェスト)の最新アルバム『The Life Of Pablo(ザ・ライフ・オブ・パブロ)』に収録されている楽曲のうち、5曲をプロデュースしたという情報をTwitterにて明らかにした。

2016年早々から騒がれてきたKanyeの最新作『The Life of Pablo』。何度ものタイトル変更や最新作の内容をほのめかすSNS投稿で人々を騒がせた末、2月11日(LA時間)、遂にアルバム視聴会にてKanye自身が新作の全貌を露にした。

 

しかし、アルバム各曲の詳細はまだ発表されておらず、参加アーティスト名のみKanyeの手書きメモや参加アーティストらのSNS投稿にて次第に明らかになってきている。DJ Dodger Stadiumをはじめ、Boi-1 da、Cashmere Cat、Sinjin Hawke、Metro Boominなど、様々なジャンルのプロデューサーらが参加しているようである。

2CHAINZ

今回、Kanyeの最新作に5曲提供したDJ Dodger Stadium(略称: DJDS)は、Jerome LOLとSamo Sound Boyによるロサンゼルスを拠点に活動をするDJ/プロデューサー・ユニット。Jerome LOLは、元々LOL Boysというユニットにて「Changes」等のヒット作を生み出していたものの、近年惜しくも解散。その後、Trouble & Bass等からヘヴィーなベース・トラックをリリースをしていたSamo Sound Boyとタッグを組み、DJ Dodger Stadiumを結成し、2014年にアルバム『Friend Of Mine』をリリース。また、彼らは、発足以来常に注目を集めつづけているLAシーンの代表的ダンス・レーベルBody Highの主宰でもある。

RELATED

ラップ人気が高まるロシアのプーチン大統領が「ラップを政府の管理下におくべき」と発言

ヒップホップやラップミュージックは、その国の若者の文化に大きく影響をもたらす。中には暴力・ドラッグといった悪い影響ももたらすと懸念されており、国が何らかの規制をもうけるケースが少なくない。

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。